FC2ブログ
PageTop

カブでクロヨン!

5月最後の土曜にカブくんでクロヨンに行って来た。
久しぶりの原二での出撃で寝床に着くが眠れずにいたら
AM2時になったので3時出撃を30分早めて2:30に出撃!

深夜の道は交通量も無く走り易いが、
如何せんヘッドライトの暗いカブでは先が見えずに怖い
この怖さがピークになる所は山間道!
周囲に明かりがなく暗いからHiビームにするとガスッていて真っ白で余計に見えない。
最初の休憩地点のR257沿いの「アグリステーションなぐら」まで一気に走る。
R0013714[1]
ここでトイレ休憩と缶コーヒーで暖を取ったら出撃。

このままR257で進み途中からR153で飯田に北上
R153の特徴として「登り・降り坂が急で長い」って事は
登りでは4速全開で時速60km前後、降りだと未知の速度
車体の剛性、ブレーキ性能ってなに?の世界
「人馬一体!?」となってヨレル車体の剛性不足を筋肉で補う
この不安定ってバンさんでは味わえない!
久振りにアドレナリン・ドヒュー!

楽しさも終わり飯田市に入ったらR153からK15にスイッチして
セルフGASスタを探すが有っても営業時間外で×(地元感覚ではダメってですね)

私の給油タイミングは白と赤の境界で約3L消費で行うと50~60k/L計算で走行距離にして150~180kmを目安にしてGASスタを探して給油と休憩
万が一でも残り1Lあるから50k範囲内で何とかなるけど精神的には×ですね・・・

しかし営業中のセルフ・有人GASスタが無いので(探せなかっただけ)
二回目の休憩予定の「花の里いいじま」に向かう。
ここでもトイレ休憩と水分補給。

GASスタを探しながらR153に戻るが有っても×
R153から外れてやっと有ったのが伊那インターSSで2.93L給油(走行距離184.8km・燃費63.07k/L)予想通りでした。
因みにAM6:31給油完了
ここまで4時間、誰とも会話無し。

これで目的地のクロヨンまで残り100kmになったので無給油で行ける。
再度R153に戻り順調に北上してR19で塩尻・松本の渋滞もなく通過。
安曇野からR147でさらに北上!
大町からK45で目的地に到着
所要時間7時間也
IMG_1547[1]IMG_11558[1]
天気は最高!気分も最高!!あとは・・・とにかく最高!!!

ここで本日初めての会話
IMG_1573[1]
乗車券販売所のお姉さんに「クロヨンダム駅まで大人往復一枚」だけだった。

9:30出発のトローリーバスに乗車
IMG_1549[1]
バスと読んでいるけど車ではなく法的には電車の仲間との事。
所要時間は扇沢駅からクロヨンダム駅まで15分。

IMG_11587[1]IMG_11562[1]
ウオー!感動したね。
今見たいに土木技術が確立していない中、凄い物を造ったな。
当時の「マンパワー」って物凄い!!!
とにかく「感動」の一言。

そう思うのは自分の生い立ちに有るのかも知れない
今は亡くなった親父は造船所で大型船舶の設計や製造をしていて
幼少期によく職場に行っては見上げるような船体を見ていた。
自分も将来は見上げる様な物を造るのが夢でしたが、
現実は手の平に乗るような小さくて精度が要求される部品を作っている。

IMG_1568[1]IMG_1563[1]
限定ソフトを食べながら景色を見ながらマッタリ。

3時間程滞在して
最後は、この偉大なダムの工事中に殉職された人々に黙とう。
IMG_11602[1]

再びトローリバスで扇沢駅に戻りお土産をGETしてカブに戻ると
IMG_1574[1]
野猿がたむろしていた。

何時もなら「まだ時間はあるので地図でも見て・・・ヨシ行こう!」となるが、
今日は遠慮する、感動でお胸が一杯になったのでこのまま帰路に着く。

本日の走行距離:561.2k
     燃料使用:7.93L
     燃費   :70.76k/L

旅費 GAS代¥1128 トローリバス¥2570 その他雑費等含めて合計¥7475也













スポンサーサイト



[ 2015/05/31 19:51 ] ツーリング | TB(-) | CM(6)