FC2ブログ
PageTop

OIL交換&キャブ調整

11/19作業
昨日基地に暖房が入る様になったので
クレアさんのOIL交換をする事にした。

R0015668[1]
オイルを抜き

R0015669[1]
ストレーナーの掃除

R0015672[1]R0015674[1]
ドレンボルトのパッキンワッシャーが潰れていたので在庫であった部材と交換

外した部品を元に戻したらオイルを給油

オイル給油口はマフラー側にあり
給油しにくい為にホムセンでオイル缶を買った時に
くれるジャバラのノズルの先端を潰して給油口に挿入
R0015676[1]

今回使うオイルは・・・
R0015673[1]
前回使った残りのホムセンオイル400cc+エーゼット200cc=混合600cc
どちらも4サイクルエンジン用なのでOK

オイル漏れ有無の確認で近所を走行
オイル漏れ無しOK!

折角暖機が終わっているのでキャブ調整もします。
調整方法は色々ありますが簡単な方法を使います。

エアークリーナーを清掃又は新品と交換

プラグの清掃又は新品と交換

エンジンを十分に暖機
R0015681[1]R0015682[1]
キャブのパイロットスクリュを左右に回して
アイドリングが高くなった所で回すのを止める。

車両によっては専用工具が無いと調整が出来ない時があります
一般的には+/-ドライバーで対応出来ると思いますが
クレアさんはDネジ形状の為に専用工具が必要です。

その次に高くなったアイドリングを正規の状態に
アイドリング調整ネジを回して調整しま。

クレアさんはメットインBOXのグロメット(目蔵🐖)を外すと
アイドリング調整用のスクリュネジがあります。
R0015677[1]R0015680[1]

そうしたら試走をしてエンジンのフィーリングを確認します。

今支流のIF車は必要ないですが、
キャブ車ならではの作業ですね!(^^)!

スポンサーサイト
[ 2017/11/20 17:40 ] クレアスクーピー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する